投稿俳句・短歌

       

2024年6月の投稿俳句・短歌

夏空の 全景として 熱気球 たけし

学友は 今もちゃん呼び 古希の鮨 悦子

六月一日(いっぴ) いっせいに 白の群れ 恵子

囀りや ショパンもかけぬ 旋律を 連司楼

昼顔の 芯に誘われ 回り道 しらい

七変化 舗道彩る 雨の中 たかお

風雨止み 突然雲間 虹が立つ 康博

雨音の ウィンナーワルツ 梅雨の入り K三郎

猫のいる 日陰神域 人いけず 悠

本さかき 花のかほりの 八幡宮 ハニー

花びらを かきわけコイの 水しぶき つるの

カモ去りて 池は一面 コイのむれ つるの

みどりこき 木々にいやされ 深呼吸 つるの

電話をかける