投稿俳句・短歌

2018年3月の投稿俳句・短歌

よし焼きの 喜雨の空に 燃えあがる 

池の渕 何羽残るか 春の鴨 

幼稚園 子らの囀り 春の庭 こぼり

群ら雀 庭に囀る 春の朝 こぼり

故人(ひと)偲ぶ マンサクの枝 香る空 松子

孫来ずも メールに添付 ひな飾り 松子

桃の花 小さくも良し 実をつけて 松子

よし焼きの 黒煙たばねて 空高く 杉の

しだれたる 柳日に日に 緑ます 杉の

春うらら はやる気持ちを とらまえて 

いよいよだ 気持ちが急くや 春準備 

囀りや 何の鳥かと 畑に聴く はるこ

春北風(ならい) シャッター街を かけぬける はるこ

息白し 血圧計の 上(のぼ)る朝 はるこ

春の風 桜まいちる 八幡宮 間小

八幡宮 いつ咲くのかな 桜さけ 間小

かえるのを 忘れた鴨に パンのエサ 間小

電話をかける