投稿俳句・短歌

2018年9月の投稿俳句・短歌

風涼し 自由の国に センニチソウ はるこ

新涼に 旅行カバンを しまいけり はるこ

ハンモック 本を二冊の 夢路かな はるこ

刈取に 老練競う 高齢者 

いつのまに 朱の揃え踏み 曼珠沙華 

石だたみ 紅(あか)と黄色の 菜の絵(え)顔 

日暮らしの そぞろに鳴きて 季節(とき)が行く 

山道(さんどう)を うっすら汗が 風涼し 

亡き人を 迎えて紅き 彼岸花 あきの

噴水の 音にいやされ 一休み つかだ

運動会 遠方孫を 重ね観る 松子

田の畔の みどりに映ゆる 彼岸花 松子

「ハッケヨイ」 相撲のかけ声 陽が包む 秋雨押し出し 社(やしろ)賑わう 松子

電話をかける