夏越の祓

       

夏越の祓(なごしのはらへ)は、一年の折り返しとなる六月末に、作法に従って茅の輪をくぐり、今年前半に身についた罪穢れを祓って清らかな身に戻り、残る半年の無事を祈る行事です。
間々田八幡宮の夏越の祓は、例年出店やミニコンサート、手打ち蕎麦の実演販売など盛大に行っておりましたが、今年は疫病退散の祈願を込め、神事のみの斎行となります。
茅の輪くぐりは例年通り行いますので、皆で揃って茅の輪をくぐり、疫病の早期収束を祈願しましょう。
どなたでもご参加いただけます。

令和2年「夏越の祓」開催日程

6月30日(火) 17:00より

    ・茅の輪くぐり神事
    ・新型コロナウイルス 疫病退散祈願祭
    ・大祓詞奏上(疫病退散の祈願を込め参加者全員で奏上します)

茅の輪くぐりは、もともとは素戔嗚尊(スサノオノミコト)の疫病退散にまつわる神話を起源としています。
疫病除けのご利益があるとされる茅の輪守りの頒布も行います。
ぜひマスク等ご準備の上、ご家族揃ってご参加ください。

電話をかける