巴紋

栃木県小山市間々田の神社・間々田八幡宮

間々田八幡宮 栃木県小山市大字間々田2330 tel.0285-45-1280

TOPページ 投稿俳句・短歌

投稿俳句・短歌/孝和さんの作品

こちらのページでは、参拝者が投稿された俳句や短歌をご紹介しております。 投稿は、本殿前備え付けの投稿用紙にてお願いいたします。(メール等での投稿は受け付けておりません)

孝和さんの作品

  • 今朝の空 なんときれいだ 筑波山 廊下に集う ガラスまどかな 孝和(2017年1月)
  • 新年を 窓に仰ぎし 富士・筑波 孝和(2017年1月)
  • 満月の 一日過ぎて ながむれば この輝が スーパームーン 孝和(2016年11月)
  • 年寄や 何んのこれしき 輪投げなど どこへ投げるや ままならずかな 孝和(2016年10月)
  • お彼岸の 季節崩れて さくら咲く 孝和(2016年10月)
  • 渡り待つ 葦を寝ぐらの エンビ服 幾万集う 渡良瀬の里 孝和(2016年9月)
  • 夕暮や つばめ翔び交う 寝ぐら入り 孝和(2016年9月)
  • みどり子の 靴にかけては 砂遊び 孝和(2016年8月)
  • あさがをの 梅雨明けまでに 葉影張れ 孝和(2016年7月)
  • 田植え終え 緑光りて 癒されど カエル唄わず ああ寂しきや 孝和(2016年6月)
  • 球打てど 芝に気になる ねじり草 孝和(2016年6月)
  • 草・くさと 菖蒲の風呂で はしゃぐ孫 孝和(2016年5月)
  • 蛇まつりを 三度も見たり テレビかな 孝和(2016年5月)
  • 桜去り 菜の花いまだ 黄金色 孝和(2016年4月)
  • 蝶舞いし 翔んでひらひら いつ休む 孝和(2016年4月)
  • 菜の花や 摘めば巴波の 風寒し 孝和(2016年3月)
  • よく見れば 小さな春の イヌフグリ 孝和(2016年2月)
  • カキ届き 故郷の香りが 腹にしむ 孝和(2016年2月)
  • 幾年も ひとりで育てる 菊の花 社の風が 心よしかな 孝和(2015年11月)
  • 菊の鉢 一七五(イチナナゴ)名の園児たち 手をつなぎては 社で唄う 孝和(2015年11月)
  • ののちゃんと 竜頭の滝は 行かねども 赤い洋服 ひとひら もみじ 孝和(2015年10月)
  • しとしとと 降れば良いもの 一夜明け 人が悲しむ 雨が憎きや 孝和(2015年9月)
  • 脱け殻を 庭にのこして どこで鳴く 孝和(2015年8月)
  • 静かなる 池の水面に アメンボー 孝和(2015年8月)
  • 雨あがり 雉と目が合う 土手の路 孝和(2015年7月)
  • 駿河湾 久しく行かぬ バスツアー かしわ手習い 小國参拝 孝和(2015年6月)
  • 雨落ちて あじさいの道 傘が咲く 孝和(2015年6月)
  • ふるさとの 見せてやりたや 蛇まつりを 家族で楽し 思い出ひとつ 孝和(2015年5月)
  • 紅蕾 まさに咲かんと さくら道 歩けよ乙女 あずま屋までは 孝和(2015年4月)
  • ちらほらと 菜の花咲きて 深呼吸 孝和(2015年3月)
  • 内孫の やっと生まれた 華だもの 凜とするまで 妻よガンバレ 孝和(2015年2月)
  • また拾う 歳を重ねる 大掃除 孝和(2015年1月)
  • 大輪に やさしく抱かれ 園児の名 八幡宮の 菊花展かな 孝和(2014年11月)
  • 石段の 名前読み読み 菊の鉢 孝和(2014年11月)
  • 椋鳥の 竜巻のごと 群れをなし 襲うがごとし 寝ぐら入り見ゆ 孝和(2014年10月)
  • ハクビシン 貯水槽深く 止どまりて 餌はやらぬと 風ばかりでは 孝和(2014年9月)
  • 朝顔よ 連日猛暑に 敗けるなよ 朝夕の水 酔うほどに 飲め 孝和(2014年8月)
  • オカリナの 響の森に 美しき 音色に浮かれ ウグイス唄う 孝和(2014年7月)
  • チョト来い チョト来いと 呼びとめて 姿みせずは コジュケイかな 孝和(2014年6月)
  • 早乙女の 姿隠して 田植えかな 孝和(2014年5月)
  • 孫泣けば よしよしと抱き 五月晴れ 孝和(2014年5月)
  • 息子にも 十五年めに やっと春 父となるかな 満悦の顔 孝和(2014年4月)
  • 夜明けまえ 内孫生まる 連絡に 古希を過ぎたる うれしき春が 孝和(2014年4月)
  • 寒の日は 猫と暖とる 炬燵かむ 孝和(2014年2月)
  • 朝ぼらけ カメラ持ち出し 雪を踏む 孝和(2014年1月)
  • 静寂の 社に菊花 目輝き 夫婦で語る 審査会かな 孝和(2013年11月)
  • 寒さかな 真赤なりんご 雪帽子 孝和(2013年11月)
  • 稲穂刈り 坊主になりて 鷺の群れ 孝和(2013年9月)
  • 朝顔や 葉に雨蛙 座禅かな 孝和(2013年8月)
  • 猛暑にも 涼しく過ごす ベッドかな 孝和(2013年7月)
  • 恵那山の 残雪ながめ 馬籠(まごめ)宿 水車の音に 坂の宿とは 孝和(2013年6月)
  • 藤村の 夜明前なる郵便に 今も配達(くばりて) 妻籠の宿は 孝和(2013年6月)
  • 老いてまた 骨折くやしや 梅雨の入り 孝和(2013年6月)
  • 梅花咲く 坂道なんの 足軽ろし 孝和(2013年3月)
  • お彼岸の 老いて手合す 仏の座 孝和(2013年3月)
  • 寒風に あゆみをやめて 暖をとる 孝和(2013年2月)
  • 夜の風 今朝はおさまり 白扇の 富士を拝みて ああ感動す 孝和(2013年1月)
  • 鬼石の 冬サクラ見ゆ 雨あがり 孝和(2013年1月)
  • 紅葉の 峠越えては 艶を知る 孝和(2012年11月)
  • 丹精の 菊と並びて 写さんと 着物が似合う 七五三かな 孝和(2012年11月)

[1]・2 >>次頁

国指定・無形民族文化財 間々田のジャガマイタ(蛇まつり)

お子様のご成長祈願 安産祈願、初宮参り、七五三

今年の 厄除け・方位除け 早見表

参拝者の投稿俳句・短歌コーナー

盛り塩・持ち塩 神社の塩へのリンク

携帯用QRコード